産学連携支援のバイーン総研
ホームへ相互リンク募集中! 気軽にご参加申請下さい♪ 気軽にフォローお願いします♪ 管理人へ簡易メール気軽に一言どうぞ♪日記開設理念自己紹介♪毎度ありがとうございます♪

年末総論 2006(戌年)

遅くなりましたが、2006年(戌年)の株式投資総論を記しておきます。
2006年は堀江さんに始まり、村上さん、福井総裁と続き、日興Cの不祥事に終わった「不祥事相場」と言える年でした。
只、言い換えれば日本の伝統である閉鎖性から国際基準であるディスクロージャーへの高まりが一層進んだ後世から見ると日本市場のターニングポイントになった年だったのではないでしょうか。
自身の投資実績としては皆さん承知の通りの 主力銘柄の大幅下落 (年初の高値から約1/5)に見舞われました。
株式の総資産としても、未だちゃんと計算していませんが年初の半分以下になっている可能性があります。
ある先輩は「株は良い時もあれば悪い時もある」と言いました。
正にその通りだと思います。
上記を含めて2006年後半はゲインヘッジ(自作造語です^^)を学べ、また実行できた貴重な年でした。
2007年(亥年)はこの貴重な体験を充二分に活かしたいと思う所存でございます。

以上、良王

年末総論 2005(酉年)
スポンサーサイト

テーマ : 年末総論
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小谷 騰志(良玉子)

Author:小谷 騰志(良玉子)
皆様のお陰様です!
投資歴30年で家賃と配当が主収入の投資家。
副業で東1会社員。
日本株209銘柄と不動産3戸を運用。
保有スタイルは基本出口無の現物超長期。
損切は時間と労力の無駄。
そもそも資産家たる者、株価下落程度の貧相な理由で損切する意味が解らない。
インカムゲインのみで40代リタイア画策^^進捗80%。
mixiで株と大家コミュの管理人をしています。
では、末永くご贔屓に宜しくです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード