産学連携支援のバイーン総研
ホームへ相互リンク募集中! 気軽にご参加申請下さい♪ 気軽にフォローお願いします♪ 管理人へ簡易メール気軽に一言どうぞ♪日記開設理念自己紹介♪毎度ありがとうございます♪

China

先週の日経ダウ急落の発端となった中国株式市場の急落は、
2006.06.03に予想 させていただいた、
近い将来「中国がくしゃみをすれば日本が風邪をひく」時代になるのだろう。 が、
不幸にも的中してしまった。。。
中国の都市部は環境汚染も激しく、昼間でも太陽が見えない状況らしい。
たまに太陽の光が差し込むと野良犬がびっくりして吼える有様だそうです^^
また、地元の中国企業が海外に拠点を流出する事態が急増しているようです。
理由はこの所の固定費の上昇を受け最大の強みであるコスト競争力が落ち、
反面課題と言われ続けている技術力で、
グローバル競争に打ち勝つ為に中国を捨てているのが原因のようです。

今後この猛獣は、どの方向に向かうのだろうか?

■関連記事 円安に物申す

只、そうは言っても中国関連銘柄が大きく押せば、
販路市場としての中国の魅力は変わらないので押し目を買って行きたいです!

どんな銘柄が有力なのだろうか?
スポンサーサイト

テーマ : 関連銘柄
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小谷 騰志(良玉子)

Author:小谷 騰志(良玉子)
皆様のお陰様です!
投資歴30年で家賃と配当が主収入の投資家。
副業で東1会社員。
日本株196銘柄と不動産3戸を運用。
保有スタイルは基本出口無の現物超長期。
損切は時間と労力の無駄。
そもそも資産家たる者、株価下落程度の貧相な理由で損切する意味が解らない。
インカムゲインのみで40代リタイア画策^^進捗80%。
mixiで株と大家コミュの管理人をしています。
では、末永くご贔屓に宜しくです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード