産学連携支援のバイーン総研
ホームへ相互リンク募集中! 気軽にご参加申請下さい♪ 気軽にフォローお願いします♪ 管理人へ簡易メール気軽に一言どうぞ♪日記開設理念自己紹介♪毎度ありがとうございます♪

円高と原油高について

最近、円高がマイナス材料だというような論調を良く見かけます。
本当にマイナス材料なんでしょうか?

私は基本的に自国の通貨(円)が強くなるのは良い事なのではと思います。
ずっと昔から貿易大国である我が国の経済界は為替リスクに対して、
現地生産などの対策を取ってきています。 輸入品も安く調達できます。
極端な事を書くと多少の為替変動(円高)で、多少の影響があるのは認めますが、
大騒ぎする銘柄を経済的に世界がボーダレス化する中、
投資対象にすべきでは無いとも思います。
また、原油高により原材料費が上がる事もマイナス材料だと思いますが、
円高になれば、原油(原材料)を安く調達できるようになります。

円高をマイナス材料に論じるという事は、
今以上に原油(原材料)を高く仕入れた方が良いという事なんだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小谷 騰志(良玉子)

Author:小谷 騰志(良玉子)
皆様のお陰様です!
投資歴30年で家賃と配当が主収入の投資家。
副業で東1会社員。
日本株198銘柄と不動産3戸を運用。
保有スタイルは基本出口無の現物超長期。
損切は時間と労力の無駄。
そもそも資産家たる者、株価下落程度の貧相な理由で損切する意味が解らない。
インカムゲインのみで40代リタイア画策^^進捗80%。
mixiで株と大家コミュの管理人をしています。
では、末永くご贔屓に宜しくです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード