FC2ブログ

産学連携支援のバイーン総研
ホームへ相互リンク募集中! 気軽にご参加申請下さい♪ 気軽にフォローお願いします♪ 気軽に一言どうぞ♪日記開設理念管理人について♪毎度ありがとうございます♪

61回目の終戦記念日

今日は 終戦記念日 である。 小泉さんどうするのかな?

みなさんは参拝に反対ですか? 俺は賛成です。

 

関連ニュース

日経ダウ スレッド by Yahoo!ファイナンス

賛否アンケート

 

■見解 ・侵略の現場で何があったのか  ・こんな見方もあります

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今の世は正にグローバルに国境のボーダレス化が進行する事態は
その時代を語る後世の皮肉な事柄ですね

↑1941年から連合国と「太平洋戦争」をしましたね。それを遡ること10年前、1931年に一発の銃声が中国で「聞こえ」、それが中国侵略(こういう言い方もあります)が全面展開されます。銃声は中国から日本軍に撃たれのか、本当に聞こえたのかも誰も分かりません。でも、大本営の情報操作に日本人は踊らされ、「靖国で会おう」を合い言葉に15年に渡って、アジアに軍靴を轟かせたのでした。
なぜ、疑わなかったんでしょうね。
私は多分、15年戦争の前から、満州国を「作ったり」、「日韓併合」という名の下に朝鮮半島の主権を奪い取っても平気な思想状況が私たちの國、日本にあったからじゃないかと思うのですが・・・
「ファシズムは微笑みながらやって来る。」

↑15年戦争とは?

戦争ってのは「人殺し」と「破壊」です。
どうして、戦争をしたんでしょうね。どうしたら、やめさせることが出来たんでしょうかね。
そんなことを考える視点がほしいのですが・・・
それと、かつての15年戦争は他国の主権を侵害したんですよね。

ん~・・・肯定でも反対でもなく、静観っととこですな。

賛成派になりました☆「いつ参拝しても問題視するなら、終戦記念日に」コメントに納得してしまいましたw ☆昔のことでこれ以上中韓に気を使う必要を感じませんね 中韓が言うように、本当に問題なら、国連に提訴して、差止めてみろ(*≧∇≦)b

戦時中に日本がやったことは悪いことなので反省をしないといけないが、
中国などは教育現場で日本は悪だと教え込んでいるらしくその辺が行き過ぎて
いるきがしてならないが。

難しいですね・・・。個人的に、参拝自体は賛成、戦争は反対。 本当に難しい・・・。

TV見ました。中韓とは次のステージに進めそうな感じが画面から染み出てましたね。
後世から見て、ここで大きな問題から逃げなかったのは大きな功績だと思います。

↑そうなんだ! 中国、韓国に仕事で行かれている人が心配だ。。。

小泉さん。。。参拝しましたね~^^
韓国はどう反応するやら・・・・

田村さん
そうでしたかw 俺はずっと賛成派ですよ。
賛成理由はやっぱり、過去の反省はしないと絶対いけないと思うが
今の中国や韓国の心情には理解して余りがあるが
姿勢は明らかに内政干渉だし、いつまで引っ張るんだってのが本音です。
小泉さんが行くと言わなかったら、行かなくて良かったと思いますが
行くと公言したのだから行くべきだと俺は思います。

良王さんは参拝に賛成してるんですか?
てっきり反対してるのかと思ってましたよ。
僕は参拝はした方が良いと考えてますが、死んだ人に手を合わせるのは人の基本だと思ってるからなんですけどね。

ドイツは軍人の正式参拝が多い国なんですよね

戦後のドイツと日本の違いはなにか?
今一度考えて欲しい。

悲惨な歴史です。
■侵略の現場で何があったのか
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/syougen/syougen_main.htm

だんだんと太平洋戦争の悲惨さを語る人がいなくなると同時にネット右翼の増加で
あの侵略戦争を肯定する若者が出てきたのはとても残念でならない。
韓国や中国の人々は侵略された側だから靖国問題を重要視するのは当然で
それを戦争だったから仕方ないと言う人の神経がわからない。
靖国神社は天皇が建てたのに天皇は参拝しない、なぜかを考えて欲しい。

おお!ダウ、プラスに転じた!行けぇー!

TOPIX上げてきてるね!+3.85 9:37
プロフィール

小谷 騰志(良玉子)

Author:小谷 騰志(良玉子)
皆様のお陰様です!
投資歴30年で家賃と配当が主収入の投資家。
副業で東1社員。
日本株176銘柄と区分3戸を運用。
保有スタイルは基本出口無の現物超長期。
損切は時間と労力の無駄。
そもそも資産家たる者、株価下落程度の貧相な理由で損切する意味が解らない。
インカムゲインのみで50代リタイア画策^^進捗85%。
mixiで株と大家コミュの管理人をしています。
では、末永くご贔屓に宜しくです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード